ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
myb-みやびブックレット

各号の目次と紹介記事

第15号 
文系と理系の接点

<目次> (2007年5月15日)
<同時代を読む>
「英語でしゃべらナイト」の周辺  中村 敬
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
『辞林』出版百年に寄せて     武藤康史
【ことば創生記16】
「ステッキガール」(上)      石山茂利夫
【新連載漫画】ハリキリたいこさん1
                    長野ヒデ子
【カメラと歩く東京の下町15】
亀戸                   長尾 宏
【食前食語15】
「日本酒、日本茶、日本そば」   山本益博
<特集>文系と理系の接点
ネット社会で生き物はどうなる?
 -情報学のすすめ         西垣 通
中国政府の理系による国家運営の謎
                      石谷孝佑
わが体験的理系と文系論      松延洋平
・テレビのほんとうの怖さ-「発掘!あるある
大事典」問題に思うこと        吉岡 忍
【気になる一首15】ひと粒の葡萄をはめばは
しけやしこの惑星の胸乳したたる   篠 弘
【気になる一句16】桐の花踏み葬列が通る
なり                    内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード3】
デカルト                 竹田青嗣
【ライフワークの達人15】独学自修の植物分
類学者 牧野富太郎 草木はわが友、一心不
乱の九十年               鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話15】
寿命のろうそく             稲田和子

      この号をメール で注文する 
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
    定価 300円(送料込み)

第14号 
団塊世代の旅立ち

<目次> (2007年3月15日) 
<同時代を読む>
たよりなく生きるために         森 毅
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
若者言葉-ことばの地殻変動   亀井 肇
【ことば創生記15 】
「文民」                石山茂利夫
時代のはざまで-旅と人生-  鳥居フミ子
【カメラと歩く東京の下町14】
羽田                  長尾 宏
【食前食語14】
「米を研ぐ、御飯を装う」       山本益博
<特集>団塊世代の旅立ち
「個」になった団塊世代への希望  羽仁 進
誇りを持てる第二の人生設計へ
 -人生100年、初代の覚悟を  樋口恵子
「僕って何」のその後と、これからのわたし
                      三田誠広
【日々のシンボー7】
スピリチュアブームに思う      南 伸坊
【気になる一首14】一分の黙祷はまこと一分
かよしなきことをふかくうたがふ    篠 弘
【気になる一句15】チヽポヽと鼓打たふよ
 花月夜                 内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード2】
 アリストテレス            竹田青嗣
【ライフワークの達人14】G・Mを射殺した
W・Cマイナー 辞典の用例採集に傾注した
 狂人                  鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話14】
 キツネ女房              稲田和子 

       この号をメール で注文する 
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
     
    定価 300円(送料込み)

第13号 
今どきの犯罪 
宮崎勤をさがして

<目次> (2007年1月15日)
<同時代を読む>
出版人は「publish」の精神で    植田康夫
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
名古屋ことばの不思議       清水義範
【カメラと歩く東京の下町13】
千駄木                 長尾 宏
【食前食語13】「狂牛病」      山本益博
<特集>今どきの犯罪
●宮崎勤をさがして
宮崎勤事件が提示したもの
-現在の犯罪とのかかわり     佐木隆三
《宮崎勤》の犯罪からみえてくるもの
                      芹沢俊介
宮崎事件を私の問題として考える 中塚圭骸
【ことば創生記14】「漫談」(下) 石山茂利夫
【日々のシンボ-6】
TVはク-ルなメディアか?      南 伸坊
【時代を読み解く哲学者のキ-ワ-ド1】
プラトン                 竹田青嗣
【気になる一首13】一夜きみの髪もて砂の上
 を引き摺りゆくわれはやぶれたる水仙として
                        篠 弘
【気になる一句14】元旦やふどしたたんで
 枕上ミ                 内藤呈念
【ワイフワ-クの達人13】長崎研究に家産を
 投じた古賀十二郎 ポリグロットが読んだ
 「日本学」               鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話13】
熊の恩返し               稲田和子
団塊中年の自転車日記「見沼」   北田 明 

      この号をメール で注文する 
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
 
    定価 300円(送料込み)

第12号 
甦える哲学

<目次>(2006年11月15日)
<同時代を読む>
青少年保護とメディア規制      清水英夫
【リレ-エッセイ・ことばへの誘い】
京ことばと日本語と           秦 恒平
【カメラと歩く東京の下町12】神田  長尾 宏
さまよう星               小出昭一郎
【食前食語12】「仕事がしてある」  山本益博
<特集>甦える哲学
無痛文明という病            森岡正博
知識人論としての論語          呉 智英
近代哲学をあらためて読み解くキ-ワ-ド
                       竹田青嗣
【ことば創生記13】「漫談」(上)  石山茂利夫
【日々のシンボ-5】 お返事      南 伸坊
【気になる一首12】 螢田てふ駅に降りたち
 一分の間にみたざる虹とあひたり  篠 弘
【気になる一句13】 霧黄なる市に動くや
 影法師                  内藤呈念
タキツス『年代記』前編を訳了して   岡崎邦博
【ライフワ-クの達人12】宇宙論を詩にした鬼才
E・A・ポオ 天空に描いた地上の幻夢 鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話12】
鷹にさらわれた子            稲田和子

       この号をメール で注文する 
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
    定価 300円(送料込み)

第11号 
ライフワ-クを極める

<目次> (2006年9月15日)
<同時代を読む>
労働者のこれから              熊沢 誠
【リレ-エッセイ・ことばへの誘い】
(私的)津軽弁での方言詩考
 -その下書き-           伊奈かっぺい
【カメラと歩く東京の下町11】佃・月島  長尾 宏
【食前食語11】「通年野菜」        山本益博
<特集>ライフワ-クを極める
ライフはワ-ク                橋本 治
「なつかしさ」の正体
 -昭和三〇年代にこだわる       泉 麻人
ミドル・エイジたちよ、あわててライフワ-ク
 を探すな!                 鈴木 隆
【ことば創生記12】「肉弾」       石山茂利夫
【日々のシンボ-4】すききらい      南 伸坊
【気になる一首11】 身をかはし身をかはしつつ
 生き行くに言葉は痣の如く残らむ    篠 弘
【気になる一句12】 稲かつて鳥入れかはる
 甲斐の空                   内藤呈念
目撃した死者たち
 -シルクロードのこぼれ話-     松浪健四郎
【ライフワ-クの達人11】大英博物館を書斎にした
 C.ウィルソン 螺旋状に進化する思索 鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話11】
 ワニザメと医者坊主            稲田和子
<投稿>裁判員制度批判         横山直樹

        この号をメール で注文する 
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
   定価 300円(送料込み)

過去のバックナンバー
フッターイメージ