ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
好評発売中
スポートロジイ

  SPORTOGY

第2号
スポーツ学事始め


特集Ⅰ グローバリゼーションと伝統スポーツ
特集Ⅱ ドーピング問題を考える

●本書の構成
巻頭のことば/稲垣正浩
特集Ⅰ グローバリゼーションと伝統スポーツ
身体-ある乱丁の歴史/今福龍太野見宿禰と河童伝承に潜む修祓の思想/竹村匡弥
日本における近代的身体観の形成-軍・教育・メディア/松浪 稔
身体に向かうグローバリゼーション-モンゴル国伝統スポーツの事例より/井上邦子
グローバル化と身体の行方/西谷修
特集Ⅱ ドーピング問題を考える
ドーピングの現在を考える/伊藤偵之
イーロ・マンチランタ-自然によって遺伝子的に組み替えられたチャンピオン/P・ヌーヴェル・橋本一径訳
<自由主義>の文明史的由来-ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』から/西谷修
スポーツの<始原>について考える-ジョルジュ・バタイユの思想を手がかりにして/稲垣正浩

●著者紹介
<ISC21>

21世紀スポーツ文化研究所
主幹研究員 稲垣正浩
1938年生まれ。スポーツ史・スポーツ文化論。神戸市外国語大学客員教授。
スポーツ史学会前会長。東京・名古屋・大阪・神戸・奈良5都市を巡回する21世紀スポーツ文化研究所を主宰。
主著に『スポーツを読む(全3巻)』『スポーツの後近代』(以上三省堂)『スポーツ文化の脱構築』『テニスとドレス』(以上叢文社)ほか。共著に『体育・スポーツ人物思想史』(不昧堂出版)『最新スポーツ大事典』(大修館書店)ほか多数。ブログ「スポーツ・遊び・からだ・人間」をほぼ毎日書いている。
http://inamasa.blogspot.com/


     定価 本体2,400円+税

●発行 みやび出版
●発売 星雲社
〒112-0012
東京都文京区水道1-3-30
電話 03-3868-3270
FAX 03-3868-6588

※本書のお求めは上記発売元にお問い合わせいただくか、下記フォームにて、「お名前、ご住所、電話番号、注文部数」をご記入の上、送信ください。
        この本をメール で注文する 
フッターイメージ