ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
myb-みやびブックレット

各号の目次・紹介記事

第30号 
現代語で読む
古典

<目次> (2009年11月15日)
<同時代を読む>
出版は恒常的に不況か     塩澤実信
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
歴史を動かした名セリフその二 岳 真也
【カメラと歩く東京の下町30】
板 橋                長尾 宏
【食前食語29】
「グルメ」と「グルマン」       山本益博
<特集>現代語で読む古典
古典の意味、
現代語訳の意義        紀田順一郎
「おくのほそ道」の場合      山下一海
金太郎伝説の誕生       鳥居フミ子
現代語で読む『古今和歌集恋の歌』
                     林 四郎
【漫画】ハリキリたいこさん16  長野ヒデ子
タキツス著『年代記』を訳了して 岡崎邦博
【日々のシンボー22】
複製美術館の楽しみかた     南 伸坊
【気になる一首30】
はうらつにたのしく酔へば帰り来て長く座れり
夜の雛の前              篠 弘
【気になる一句31】
凩や紺屋が晒す水の色     内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード18】
ヴィトゲンシュタイン        竹田青嗣
【ライフワークの達人30】
自然誌文学の源流 四十数年間の緻密な
観察                 鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話30】
果てなし話             稲田和子

   この号をメール で注文する  
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
      定価 300円(送料込み)

第29号 
学校史に光を

<目次> (2009年9月15日)
<同時代を読む>
家庭での愛の学びを         横地 清
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
歴史を動かした名セリフ その一  岳 真也
【カメラと歩く東京の下町29】
白 山                  長尾 宏
【食前食語29】
「旬と完熟」               山本益博
<特集>学校史に光を
二十一世紀の本当の教育は何か  羽仁 進
夢の学校・現実と未来像       柴田 巌
府立一中に落ちた人たち       武藤康史
【漫画】ハリキリたいこさん15   長野ヒデ子
【日々のシンボー21】
覚醒剤はおもしろい          南 伸坊
【気になる一首29】
植えざれば耕さざれば生まざれば見つくす
のみの命もつなり             篠 弘
【気になる一句30】
ふと一つ海のあなたの花火かな  内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード29】
フロイト                 竹田青嗣
<投稿>ディオゲネス通信
【ライフワークの達人29】
人間・歴史・宇宙の探求五十年天道是か非か                          鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話29】
山やまの屁っぷり爺          稲田和子
      この号をメール で注文する
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
    定価 300円(送料込み)

第28号 
「食」を見直す

<目次> (2009年7月15日)
<同時代を読む>
人生の節目にはいつも世の中が鳴動
していた                黒川鍾信
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
<懐かしいことばに惹かれて>
「まあ、たいへん」と躱されたい   泉 麻人
【カメラと歩く東京の下町28】
六 郷                  長尾 宏
<特集>「食」を見直す
美味しいものを食べるより、
ものを美味しく食べたい      山本益博
「食育」のすすめ           石谷孝佑
現代魚食孝              横山直樹
【飲みながら健康法】
地酒はふるさとの香り        新田健次
【漫画】ハリキリたいこさん14  長野ヒデ子
【日々のシンボー20】
北朝鮮の顔写真           南 伸坊
【気になる一首28】
噴泉のしぶきをくぐり翔ぶつばめ
男がむせび泣くこともある       篠 弘
【気になる一句29】
あぢさゐや涙もろきは母に似て  内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード16】
フッサール その2          竹田青嗣
【ライフワークの達人28】
五十二万六千五百字の青史
未来に託した人間探求の名著   鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話28】
蜘蛛息子                稲田和子
      この号をメール で注文する
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
     定価 300円(送料込み)

第27号 
翻訳世界への誘ない
<目次> (2009年5月15日)
<同時代を読む>
スポーツの<現在>を考える    稲垣正浩
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
上海-動詞化された都市       春名 徹
【カメラと歩く東京の下町27】
田 端                   長尾 宏
【食前食語27】  
「食糧自給率」              山本益博
<特集>翻訳世界への誘ない
翻訳私感                海老坂 武
迷 夢-翻訳家の矜持-      大久保昭男
バイリンガルにとって翻訳とは
                   ステファン丹沢
英語にしにくい日本語       竹村日出夫
『翻訳の世界』がめざしたもの    今野哲男
【漫画】ハリキリたいこさん13   長野ヒデ子
【日々のシンボー19】
マリファナについて           南 伸坊
【気になる一首27】
名を呼ばれ「はい」と答ふる学生の
それぞれの母語の梢が匂ふ       篠 弘
【気になる一句28】
ひかり野へ君なら蝶に乗れるだろう 内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード15】
フッサール その1            竹田青嗣
【ライフワークの達人27】
無比の旅人が遺した膨大な遊覧記その偉業と格闘した研究者たち               鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話27】
にせ八卦                 稲田和子

     この号をメール で注文する      
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。
   定価 300円(送料込み)

第26号 
日本語を学び直す

<目次> (2009年3月15日)
<同時代を読む>
至福の一瞬とは……
  昨今の大相撲に望むこと    澤田一矢
【リレーエッセイ・ことばへの誘い】
隣国の言葉 朝鮮語         辻 星児
【カメラと歩く東京の下町26】
湯 島                  長尾 宏
【食前食語26】
「築地」                 山本益博
<特集>日本語を学び直す
日本語を創って行く         秦 恒平
漢字文化という幻想        野村雅昭
古今和歌集への私のアプローチ-古典
への共鳴音をさそい出したくて- 林 四郎
「御吉兆」から「御懐妊」へ     武藤康史
国語教科書編集者のこだわり 杉浦真由美
【漫画】ハリキリたいこさん12   長野ヒデ子
【日々のシンボー18】
現代日本語の問題点        南 伸坊
【気になる一首26】
豚の交尾終わるまで見て戻り来し我に
成人通知来ている           篠 弘
【気になる一句27】
白梅にひと日南をあこがれぬ   内藤呈念
【時代を読み解く哲学者のキーワード14】
カール・マルクス           竹田青嗣
【ライフワークの達人26】
私がせねばならぬ仕事がある筈だ
地獄絵図を目撃した詩人      鈴木 隆
【現代っ子に読ませたい日本昔話26】
牛の恩返し               稲田和子

    この号をメール で注文する  
※お名前、ご住所、電話番号、注文部数をご記入の上、送信ください。


    定価 300円(送料込み)

お知らせ
本号特集 野村雅昭先生 「漢字文化という幻想」が、2010年の青山学院大学
入試問題に出題されました。


過去のバックナンバー
フッターイメージ